【エジプト旅行】おすすめスポット情報

ナイル川と共に発展してきた国

エジプトとはアフリカ大陸北東部の端に広がる国で、国土の大半が砂漠で占められています。しかし、ナイル川という大河が国内を流れていて周囲については緑地が広がっており、この川の水の恵みを受けて太古の時代から発展してきました。そして、ナイル川周辺エリア内には世界的な人気観光スポットがあるため、初めて旅行をする人向けのおすすめの場所をご紹介します。

ギザの3大ピラミッドは市街地にある

エジプトというと、首都であるカイロのギザという地区にある3大ピラミッドが一番有名です。そして、テレビや雑誌では必ずピラミッドやスフィンクスを東側から撮影するため、背後には砂漠が広がるような構図になります。そのため、3大ピラミッドとはかなり郊外にあってアクセス環境があまり良くないのではないかと思われがちです。しかし、地図で見るとよくわかりますが3大ピラミッドとは市街地の一番外れの場所に存在する石造建造物で、意外と空港からすぐに到着します。ピラミッドを眺めながら食事がとれるようなレストランまでありますので、まずはギザのピラミッドに行ってみる事をおすすめします。

エジプト考古学博物館

カイロの中でピラミッドと並ぶ人気を誇るのがエジプト考古学博物館です。こちらには世界的に有名な国王のミイラや貴重な品々が20万点以上所蔵されており、広告学好きの人であれば1日中楽しめます。

南端エリアのアブシンベル大神殿

エジプトの南端エリアには湖のすぐそばに「アブシンベル大神殿」というスポットがあり、こちらも大人気です。こちらには岩を削って造った巨大な石像が4体並んでおり、神殿の内部に入る事も出来ます。ピラミッドと共に古代エジプトの人々の技術力の高さが感じられるのが魅力です。

フライアゴーをしらべる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です